iPhoneでもAndroidでもないスマートフォン。周囲の人と同じでは嫌だといったギークユーザーには、グッとくる言葉かもしれません。おまけに渋いスケルトンボディーで、HTML5やJavascriptでウェブベースのアプリが開発できるとくれば、大いに冒険心をそそられてしまうようです。そんな楽しみが満載な、異色のFirefox OSを搭載するスマートフォンを、日本で初めてauが発売してから1年余りが経ちました。世界では低価格のスマホに採用されるべく、Firefox OSの普及が目指されてはいたのです・・。このほどMozillaのConnected Devices部門で副社長を務めるAri Jaaksi氏は、Twitter上で、こんな発表を行ないました。「Mozillaが今後、Firefox OSを搭載する携帯電話をキャリアから提供することはない。しかしながら、引き続きスマートフォン上でのウェブエクスペリエンス向上に注力していくつもりだ。」これはFirefox OSの頓挫を意味しているのですが、それにはさまざまな要因があるようです。同氏はウェブアプリのパフォーマンスが、思ったほどよくなかったことを認めているようですね。日本では、いち早くFirefox OSを搭載するスマホを発売したauです。過去にも、国内で最初にWindows Phoneの提供に踏み切ったものの、やはり1世代限りで終わってしまったことが思い出されます。
www.samsung.com/jp/contents/guide/docomo-smartphone.html