今後のSDメモリーカード事情を想像すると、おそらくはデジタルカメラの高解像度化、デジタルビデオカメラの4K解像度への対応などでSDHDカードの32GBという最大容量が足りない状況になり、より大容量のSDXCカードへの移行が進んでいくことが予測されます。スマホにしても、カメラ機能の高画質化によりmicroSDXCカードの需要は増えていくと思われます。もっとも、デジタルカメラやデジタルビデオカメラにとって注目すべきSDメモリーカード製品は、Wi-Fi内蔵のものになるかもしれません。画像や動画の高精細化によってデータが大容量になるほどにWi-Fi通信によるデータ転送に時間を取られることになるから、通信規格についてはより高速なIEEE 802.11ac対応という進化もあり得るでしょう。ハイレゾ楽曲もどんどん普及しつつある現在、やはり楽曲を保存するメモリーカードにもこだわるべきなのではないでしょうか。低価格すぎてもはやSDメモリーカードは使い捨てにするレベル、もしくは大容量のSDメモリーカードを購入してデータ転送することもほとんどない、なんて極端な人もいるようですが、今一度自分のSDメモリーカード利用状況を確認して、最新製品にも目を向けていいのではないでしょうか。
スマホは防水タイプで快適安心!