サムスンといえば世界的にも大きな家電製品の会社で、テレビなどの家電も多数日本でも発売されていて、日本製品に引けを取らない性能と、コスパの高さが売りの会社というイメージがあります。

しかし残念ながら日本ではサムスンのスマホであるギャラクシーはあまり上位に食い込むことはなくiPhoneが上位を占めて、その後を日本企業が追うかたちとなっています。

そんなサムスンのスマホに変更点があるという話があります。

まずは最新のギャラクシーで外された防水、防塵機能の復活です。

正直Androidであれば現在防水、防塵機能はほとんどのスマホについているので、比べる上で意外と重要な項目の一つです。

またバッテリーも大容量化、外部ストレージも復活させて、内蔵メモリもアップさせるそうです。

iPhoneも新製品の情報がちらほらと出る中、Androidの中で世界的にはかなりの規模を有するギャラクシーが日本でも世界でもiPhoneに迫る勢いで広がる可能性もあります。

ギャラクシーも含めこれからスマホ市場がどうなっていくのかはAndroid端末の進化によって決まっていくでしょう。

サムスンも含めてAndroidのメーカーがどのような新製品を発表していくのか大注目です。

photo_zpspb0epe7e.jpghttp://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1512/28/news052.html