ガートナー ジャパンは8月23日、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表しました。これによると、企業が今後5~10年にわたってデジタルエコノミーの世界で生き残り、成功することを可能にする、3つの大きなメガトレンドは、「どこでも人工知能 (AI) となる世界」「透過的なイマーシブ・エクスペリエンス (没入型の体験)」、「デジタルプラットフォーム」となります。ハイプ・サイクルは、ビジネス戦略担当者や最高イノベーション責任者、研究開発リーダー、起業家、グローバル市場の開発担当者、先進テクノロジチームなどが先進テクノロジのポートフォリオを策定する際に考慮すべきテクノロジとトレンドを、業種横断的な視点から提示したものです。ガートナーでは、「どこでも人工知能(AI)となる世界」は、これから10年にわたり、AIが最も破壊的な技術領域になるとしています。その背景には、急成長するコンピューティングパワー、ほぼ無限に増えるデータ、かつてない進歩を遂げるディープニューラルネットワークが挙げられるのです。
詳しくはこちら

米KFCが、スタッフ研修用のVRトレーニングアプリ「The Hard Way」の動画を公開しています。なぜか世界観が異様に怖いのです。動画では、カーネルおじさんの顔がぐるぐる回転するドアに、鳩時計のようにカーネルおじさんが出てくる時計、さらに壁に掛けられた肖像画の目が動く(奥に見ている人がいる)など、無駄に恐ろしいギミックがあるのです。サブタイトルに「エスケープ・ルーム」とあるように、このキッチンから脱出するのが目的で、チキンの揚げ方を習得するまで出られない部屋となっているようです。他にも肖像画からビームが出ていたり、雰囲気が全体的に暗いといった恐怖演出があるものの、実際にVR空間で手を動かして覚えられるのは事前の研修として確かに良さそうですね。ニワトリがレーザーで消えるシーンは何の作業かよくわかりませんが。KFCのYouTubeアカウントでは同アプリの360度動画も公開中で、短い時間ながら実際のVRトレーニングを主観で体験することができます。
http://www.galaxymobile.jp/gear-s3-frontier/

ハーヴァード大学の研究チームが、導電性の布を使った「柔らかいセンサー」を開発しました。伸縮性のあるウェアラブル端末の実用化が期待されるのですが、そのセンサーの実力と可能性とはなんでしょうか。普通のグレーのTシャツから切り取った、四角い布を想像してください。ナイロンとスパンデックスからできているため、コットン製のTシャツよりも伸縮性があります。しかし、この布が特別な点はほかにもあるのです。布の端を折り返してみると、裏側はメタリックな光沢を帯びています。つまり、電気を通すということです。この布の名前は「Shieldex」といって、繊維工学者のアスリ・アタライとハーヴァード大学の彼女のチームは、柔らかくて伸縮性のある動作測定用センサーを開発するために、まさにこのような導電性の布を必要としていたのです。金属の光沢は、しなやかな繊維をコーティングする銀に由来するもので、これによってShieldexは伸縮性を保ちながら、電気を通すのです。ウェアラブルデヴァイスが柔らかくなれば、人間への危険を減らしつつ、びんのふたを開けるといった補助を提供できるようになります。http://www.galaxymobile.jp/gear-vr/

次世代のモバイル通信5G(第5世代モバイル通信)の足音が聞こえてきました。5Gについては東京オリンピックまでには実現するという話はあるが具体的にどんなものなのなのでしょうか?あまり普通のユーザーには見えてきていなかったと思うのだが、最近はアウトラインがより明確になってきたのか、ドコモの夏の新製品・サービス発表会において5G関連の技術展示を行っています。このときは5Gの基地局のサンプルを展示したり、デモエリア内で実際に5G通信を行い、VRのデータを実際に転送して、参加者がゴーグルを装着してそれを楽しむことができた。もう具体的に5G通信を行うことができるレベルにまで達していたわけです。それが開始される予定は2020年そろそろ実際の通信の実験やデモを公開するレベルのステージに進んでいるわけだ。それにしても、この5Gの動向には今までのモバイル通信とは違うものを感じる人も多いだろう。何が起きているのでしょうか。第1世代から現在の第4世代まで、だいたい10年で1世代の進化を成し遂げたというのです。
迫力あるワイドなスクリーンでVRの世界を体験しませんか。

超人気漫画『ドラゴンボール』の必殺技「かめはめ波」を打ちたい。そんな幼少期の夢を実現し、ビジネスにすべく、ただひたすら事業に打ち込む経営者がいます。meleap(メリープ)の福田浩士CEOです。経営陣を含め社員22人で展開するのは、AR(拡張現実)を活用した「HADO(ハドー)」。腕にモバイル端末(現在はiPod Touch)を着け、スマートフォンを差し込んだヘッドマウントディスプレーを装着して戦う「テクノスポーツ」です。プレーヤーが手を突き出すと「エナジーボール」と呼ばれる光弾が飛び出すのです。格闘ゲームのキャラクターになった気分で楽しめる没入感が最大の売りとなっています。現在展開するコンテンツは、仲間と協力してモンスターを倒す「HADO Monster Battle」、プレーヤーが3対3のチームに分かれてエナジーボールを撃ち合い相手と戦う「HADO」、画面から次々に抜け出してくるモンスターを倒し、それぞれのプレーヤーがスコアを競う「HADO SHOOT!」などです。 操作自体は簡単で誰でも手軽に遊べます。大人から子どもまで幅広く楽しめるコンテンツといえるでしょう。

Posted in 2017年8月19日 12:00 AM ()

社員の健康を最優先に

ちょっと前までは考えもできなかった発想ですよね、社員の健康を最優先にという考え方。働けば働くだけその社員は会社にとって貴重さ存在であり、健康なんて二の次でしたからね。

こう言っているのは体温計や血圧計で高いシェアを誇るオムロン。社内で制定した「健康経営宣言」というものがあるそうで、これに基づき社員たちの健康向上を図るそうです。その第1弾として、睡眠状態を測定、自分の睡眠の時間、質などを確認してもらうとのこと。そのために、専用のウェアラブル端末を希望者に装着していくそうです。

なるほど、健康を最優先にとは、健康アイテムを販売している会社だからこその発想なのかもしれません。自社の社員が健康で無いのに、健康、健康!なんて謳っていられませんからね^^しかも、それの自社の社員たちで活用し、実績を作り世に送り出す、という仕組みもできるわけです。効果があれば忙しいビジネスマンを抱える企業も取り入れることでしょう。

ちなみに、オムロンの社員の睡眠時間は平均6時間台で、3割以上が「疲労が取れていない」と回答したそうです^^

Posted in 2017年8月15日 12:00 AM ()

30万円か~~安い?

ヴィトンからAndroid搭載の初めてのウェアラブル端末が発売になるそうですね~。すでにエルメスがiOS、マイケル・コース、タグ・ホイヤーなどもウェアラブル端末の市場に参戦しているとのこと。

ヴィトンでの発売においては、世界の有名人たちがキャンペーンにビデオで登場していました。ヴィトンのスマートウォッチの名前は「タンブール ホライゾン」。ヴィトンと言えばモノグラムですが、文字盤、ベルトすべてがこのモノグラム柄のもののほか、あと2種類タイプがあります。ベルトは60種類も用意されているそうで、3種類の文字盤と60種類のベルトにより、「あ、あの人と同じ時計しちゃってる!」なんていう可能性はかなり低くなりそうですね。モノグラムの腕時計をしている人と重なっちゃうとちょっと気ハズかしいですものね^^

あ、ただ、ヴィトンの、しかもウェアラブル端末ですからね、どれくらいの値段なのかと言うと、277,000円からとなっているそうです。あれ?これってヴィトンということを考えると・・安いのか??

http://www.galaxymobile.jp

Posted in 2017年8月9日 12:00 AM ()

救急対応と健康管理ができる

セコムからまた新しいウェアラブル端末が発売されたそうです。その端末の名称はセコム・マイドクター。たいへんわかりやすくて良い名前です^^

どのような時に対応できるかと言うと、例えば外でスポーツをしていたり普通に歩いている時でも、急に意識を失って動けなくなった時、セコムに救急通報ができ、セコムから救援に来てくれるそうです。

もともとセコムでは自宅内での安否確認ができるサービスを行ってきたようですが、今回は外出先でのもしもに備え、リストバンド型のウェアラブル端末を作ったようです。

緊急時だけではなくて、歩数、睡眠時間、食事など、健康管理もチェックできるサービスもあるそうで、毎日自分の健康チェックをしつつ、もしもの時にも役立てることができる端末になっているそうです。

ちなみに、自宅で倒れ、セコムから駆け付けてくれる際は無料、外の場合には1万円かかるそうです^^利用料金は900円とありましたが、これが毎月なのか最初だけの料金なのかは不明です。

Posted in 2017年7月9日 12:00 AM ()

みんゴルがスマホ版に!

みんゴル・・みんなのゴルフですよね。ほぼ、スマホや家庭用のゲーム機でゲームをしない私でも、このみんゴルの名前だけは知っていました。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントから提供されているゲームですよね。これが、やっとスマホ用のゲームとしても配信されるようになったそうです。

これ、ゴルフのゲームということで、10代、20代の人達よりも、ゲーム機で夢中になった30、40代、あるいはもっと上の世代の人達が待っていたスマホゲームかもしれませんね。知名度は比較的高いので、きっとそれなりのユーザー数になるのではと思います。

ところでゴルフのスマホゲームってどうやって遊ぶんでしょうかね^^ある紹介記事には、「画面に触れた指を下に引っ張ってショットのパワーを決め、離すとボールが飛ぶ。」とありました。あ~~、なんかこんなゲームありましたね^^

片手だけでも操作ができること、基本的に無料で遊べること、短時間で結果がでるなど、忙しい人が片手間に遊べるゲームに仕上がっているようです。

Posted in 2017年6月30日 12:00 AM ()

防水・防塵国際規格「IP68」準拠のCT-WPIP144-BK

Android 製品では、様々なタフネススマホがそろっていますが、iPhone ユーザーにとっては、そういった機能が標準装備でないことが悩みどころ。「思い切りアウトドアや冒険旅行で iPhone を使いたい!」というユーザーに向けた救世主が、専用の耐衝撃ケースです。その中でも、優れた耐久性を装備し人気の本製品を紹介します。アメリカ国防総省軍事規格「MIL-STD-810」に準拠し、圧倒的な防水・防塵機能を装備。水の浸入を保護する等級として最高レベルの「8級」を実現しているため、最大5mまでの水中使用が可能です。プールサイドはもちろん、大雨や雪の日でも気にせず使えます。また、2mの高さから落としてもiPhoneを保護できる耐衝撃プロテクションを備えているので、ちょっとした不注意で落としてしまったりなんて時も、しっかり守ってくれます。ケースを使用したまま、すべてのボタンが使え、写真も綺麗にとれるのは、本当に便利です。奥行き11.4mm。「防水・防滴・耐衝撃ケースは大きい」という概念を覆し、考え抜かれた構造で普段使いにも活躍できるスリムな設計を実現しつつ、ボリュームやスリープボタン、サイレントスイッチの操作ができます。また、ケースに装着したまま充電をすることも可能です(充電時に防水機能は使えません)。