Posted in 2017年8月19日 12:00 AM ()

社員の健康を最優先に

ちょっと前までは考えもできなかった発想ですよね、社員の健康を最優先にという考え方。働けば働くだけその社員は会社にとって貴重さ存在であり、健康なんて二の次でしたからね。

こう言っているのは体温計や血圧計で高いシェアを誇るオムロン。社内で制定した「健康経営宣言」というものがあるそうで、これに基づき社員たちの健康向上を図るそうです。その第1弾として、睡眠状態を測定、自分の睡眠の時間、質などを確認してもらうとのこと。そのために、専用のウェアラブル端末を希望者に装着していくそうです。

なるほど、健康を最優先にとは、健康アイテムを販売している会社だからこその発想なのかもしれません。自社の社員が健康で無いのに、健康、健康!なんて謳っていられませんからね^^しかも、それの自社の社員たちで活用し、実績を作り世に送り出す、という仕組みもできるわけです。効果があれば忙しいビジネスマンを抱える企業も取り入れることでしょう。

ちなみに、オムロンの社員の睡眠時間は平均6時間台で、3割以上が「疲労が取れていない」と回答したそうです^^

Posted in 2017年8月15日 12:00 AM ()

30万円か~~安い?

ヴィトンからAndroid搭載の初めてのウェアラブル端末が発売になるそうですね~。すでにエルメスがiOS、マイケル・コース、タグ・ホイヤーなどもウェアラブル端末の市場に参戦しているとのこと。

ヴィトンでの発売においては、世界の有名人たちがキャンペーンにビデオで登場していました。ヴィトンのスマートウォッチの名前は「タンブール ホライゾン」。ヴィトンと言えばモノグラムですが、文字盤、ベルトすべてがこのモノグラム柄のもののほか、あと2種類タイプがあります。ベルトは60種類も用意されているそうで、3種類の文字盤と60種類のベルトにより、「あ、あの人と同じ時計しちゃってる!」なんていう可能性はかなり低くなりそうですね。モノグラムの腕時計をしている人と重なっちゃうとちょっと気ハズかしいですものね^^

あ、ただ、ヴィトンの、しかもウェアラブル端末ですからね、どれくらいの値段なのかと言うと、277,000円からとなっているそうです。あれ?これってヴィトンということを考えると・・安いのか??

http://www.galaxymobile.jp

Posted in 2017年8月9日 12:00 AM ()

救急対応と健康管理ができる

セコムからまた新しいウェアラブル端末が発売されたそうです。その端末の名称はセコム・マイドクター。たいへんわかりやすくて良い名前です^^

どのような時に対応できるかと言うと、例えば外でスポーツをしていたり普通に歩いている時でも、急に意識を失って動けなくなった時、セコムに救急通報ができ、セコムから救援に来てくれるそうです。

もともとセコムでは自宅内での安否確認ができるサービスを行ってきたようですが、今回は外出先でのもしもに備え、リストバンド型のウェアラブル端末を作ったようです。

緊急時だけではなくて、歩数、睡眠時間、食事など、健康管理もチェックできるサービスもあるそうで、毎日自分の健康チェックをしつつ、もしもの時にも役立てることができる端末になっているそうです。

ちなみに、自宅で倒れ、セコムから駆け付けてくれる際は無料、外の場合には1万円かかるそうです^^利用料金は900円とありましたが、これが毎月なのか最初だけの料金なのかは不明です。